SSブログ
前の10件 | -

6月の気まぐれ通信 シルバー川柳 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

ebbaf331e331a201ea99c4b6e1258eab.jpg
サラリーマン川柳は有名ですが  私のように  高齢になると
シルバー川柳が とても おもしろくて 大笑いしてしまいます。
ぜひ楽しんで 頂きたいです!
・寝て練った良い句だったが朝忘れ
・おこらすな  ママのいかりはパパにくる 
・欲しかった自由と時間持て余す
・症状を言えば言うほど 薬増え
・延命は不要と書いて医者通い
・三時間待って病名「加齢です」
・女子会と言って出掛けるディケアー
・指一本スマホとオレをつかう妻
・LED 使いきるまでない寿命
・恋かなと思っていたら不整脈
・「湧きました」妻よりやさしい風呂の声
・増えていく 暗証番号  減る記憶
・いやし系うちにいるのは  いあつ系
・金貯めて使う頃には寝たっきり
・欲しい物今じゃ優しさだけになり
0dc0598307ce860a98f659729f99ee46.jpg

身につまされますね!


共通テーマ:blog

4月の気まぐれ通信 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

4月になり 気持ちのいい毎日が続きます。
桜の花も満開で 大津の三井寺の夜桜が見れました。
9583.png

さて  もうじき 母の日がきます。
60年前なのに いまだに思いだす<悲しい母の日>のお話をします。
今から60年ほど前なので 私が小学2.3年の頃です。
クラスに今井君という 男の子がいました。
いつも黒の学生服でした。今井君には お母さんが亡くなっておられませんでした。
お父さんは確か 大工さんだったかな?
黒の学生服のキンボタンもいつも 1個取れていました。
いつも学生服なので 結構汚れていました。(お母さんがいないから 綺麗に
できなかったんだと今になって 思います。)
当時 『母の日』があり  母の日には 赤いカーネーションの造花を胸につけ
<お母さんありがとう>という小さな紙がぶら下がっていました。
みんなは 赤のカーネーションが配られ つけましたが
今井君には お母さんがいないから 白いカーネーションが渡されます。
子供心に 手渡される今井君の表情が  とっても悲しそうな顔なので
なぜか 悲しくなった記憶が  鮮明に残っています。
今考えると とても残酷なセレモニーになりますが
当時は ピンときませんでした。
学校の方も ピンと来なかった時代かもしれません。
2年ほど経って 中止になりました。
今井君の 悲しくて  寂しい母の日の思い出は 
60年経った今も私の中に残っています。


共通テーマ:blog

2022-01-10 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

20190628_31.jpg
2022年始まりました。
今年は 日本にとって 素晴らしいキラキラが見えますが
びっくりするぐらい ドロドロした恐ろしいものも 見えるかもしれない。
しかし 不動の精神力で受けて立つと 応戦できます。
<エコロはるちゃん>もさまざまな方のご尽力で なんとかコロナ不況くぐり抜けております。

最近 目に見えて悲しいのは 道路沿いの松が 次々に枯れて 絶滅寸前です。温暖化のせいかと言いますと 九州のゴルフ場がめちゃくちゃ綺麗な松だったのでそうでもありません。
松食い虫のせいで 枯れるから 殺虫剤撒きますが 返って枯れていきます。人の手が入らなくなり ほっておかれるからかもしれません。あるいは
膨大な量の殺虫剤や農薬を日本が輸入しているせいかもしれません。
農薬は 本当に必要なんでしょうか?
こんな当たり前の議論や 研究論文などあまり見かけたことありません。
『奇跡のりんご』の木村さんの本を読んで 今の農薬主軸のやり方に?疑問を感じました。
上記書きましたように 最上部は 驚くほど すばらいい研究や発明や従来の定着したやり方に鋭い異論を唱えるパワーの流れがあるのに 
かたや 想像がつかない程
手が出せないほど 恐ろしい世界が横たわっている気がします。
ただ 一つ言えることは  どんな暗闇でも  自分にメッセージを送ってくれる何か何物か が いることは 確かな事実な
糸を手繰り寄せて  生き延びましょう!
450-2009102223185050519.jpg


共通テーマ:blog

12月31日の気まぐれ通信 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

9796085uz.jpg
今年も今日でおしまいです。
今年はコロナ下 みなさん 色々良くしていただいて
ありがとうございました。
しめの日として行事のお話しいたしましょう!

21906981.jpg
1月から6月までを 中心にピックアップしました。
なんでも受け入れる寛容な日本人が 欲張りな日本人と
混じり合い 行事は とんでもない数になりました。
昨今 断捨離と言いますが とても追いつきません。  

1月1日  元旦
1月4日  石の日
1月5日  囲碁の日  いちごの日
1月6日  色の日
1月20日 玉の輿の日
2月4日  西の日
2月14日 バレンタイン  煮干しの日
2月29日  ニンニクの日
3月3日  耳の日
3月5日  サンゴの日  ミスコンの日
3月8日  ミツバチの日
3月9日  ありがとうの日
3月12日  サイフの日
3月14日 ホワイトディー
3月19日 ミュージックの日
4月1日  エプイルフール
4月27日  悪妻の日
4月29日  羊肉の日
5月1日   メーデー
5月3日  ゴミの日
5月6日  ゴムの日
5月29日  呉服の日  こんにゃくの日
5月30日  ゴミゼロの日
第二日曜日  母の日
6月2日   路地の日 裏切りの日
6月3日  ムーミンの日
6月4日  虫の日
6月9日  ロックの日
6月26日  露天風呂の日
6月30日 トランジスタの日、集団疎開の日
以上おもしろそうなもの  半年  抜粋しました。  
1月20日の玉の輿の日と 4月27日の悪妻の日
6月2日の裏切りの日って  なんなんでしょうか?
面白いのは 集団疎開の日です。
十年後  コロナ1号の日 オミクロン1号の日
なども 入りそうですね!

エコロはるちゃんは 黒豆の 豆のシーズンなので  
来年のお正月  お節句の百福豆バージョンや バレンタインのチョコ豆で
2、3月までは フル稼働です。
よいお年をお迎えください[mail to][揺れるハート]


共通テーマ:blog

11月の気まぐれ通信 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]


images.jpeg
この度滋賀県の湖東の甲賀群土山町から美味しいどくだみが入荷しました。
長い間 伊吹山の素晴らし品質のドクダミ、スギナが入荷しておりましたが  天候不順で収穫が半減して入手不可能になりました。
その代わり  土山町からどくだみを分けていただける方がいて 仕入れさせていただきました。土山のどくだみも非常に爽やかで癖がなく 飲みやすいので びっくりしました。しかも ティーパックにしたので 飲みやすいです。毎日 続けられますので
美容と健康に  超おすすめです。
<お茶の産地の土山(甲賀群)のお話>
 昔からお茶の産地として有名です。
私も見た目も鮮やかで細くて手もみのお茶を県外から頂きますが 滋賀のお茶の美味しさは 見た目よりも
なんとなく苦味のある美味しさです。この味はどこのお茶にもない
底深い旨みです。さらに 最近土山(甲賀)からのドクダミを手に入れて
飲んでみますと 県内のどこよりも爽やかで 飲みやすいドクダミでびっくりしました。従来は伊吹山で(石灰岩)非常においしいでしたが 甲賀のドクダミがおいしいので不思議でした。そこでこの質のいいお茶の味や 癖のあるドクダミをここまで爽やかににするミラクルマジックの謎は何か?と調べましたら  なんとこの甲賀群土山は滋賀県で唯一 全国的にも大変珍しい  鮎河層群という 1700万年の豊饒な大陸棚が 火山のおかげでむき出しになった
超VIPなエリアとわかりました。ここは
化石の宝庫で 植物群 甲殻類 野生動物といった豊富な
生き物が土壌を形成して ミネラルが凝縮されている貴重なエリアと認識しました。(伊吹山は3億年前、鮎川は1700万年前)
以前から不思議だったのは 土山に入ると 山の美しさ 茶園の生き生き度  パワーみなぎる何かを感じました。滋賀県でこんなに生き生きしたエリアは珍しいです。
貴重な鮎川層群と聞いて  さまざまな謎が理解できました。
疑問は 点から点へとつながり 大きなパズルが出来上がりました。まず 甲賀郡と言う名称は 珍しい言い方です。忍者がすぐ浮かびますが 甲賀という文字は亀の甲羅 さらに 賀は 貝という文字が入っていて  いろいろないいものを集めているという意味らしいです。さらに<土山>→なんと単純で面白くない名称かと思いましたが 実は この土がそんじょそこらにある土じゃなかったから あえて 土山としたのだと思いました。確かに豊かな土壌の丘陵地です。<画面黄色>
さらに面白いのは 1200年前に 最澄が唐から持ち帰ったお茶の種子を近江に植えましたが (坂本日吉に植え )その後 土山と 宇治に植えた茶が 1番美味しく人気が出ました。いみじくも2箇所とも鮎河層群です。 お茶の名産地として(近江茶、宇治茶)の誕生。この お茶や野草は1700万年前の海からのギフトです。
感慨深くして  飲んでいただくと本当に  納得いたします。





共通テーマ:blog

2021-09-07 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

paralympic_logo.jpg
少し涼しくなり 過ごしやすくなりました。
コロナでもめていたオリンピック.パラリンピックも無事終了して
いい思い出になりました。
最初の第1回は1960年でローマがスタートでした。当時は23カ国400人の参加者でした。現在は 160カ国4400人です。すごい たくさんの方が  参加されるように なりました。
子供達も 競技の応援にこれて とてもよかったです。
いつも 感じますが  障害を持った方々は  皆,表情が素晴らしいです。
美男 美女です。毎日が 体の不自由さと 戦いながら 1日を過ごされていて強い精神力と生き方の苦悩 を模索され  さらにその境遇からさらなる上を目指して 努力される奮闘ぶりに 思わず 脱帽します。
健常者が  日々の日常の不満でストレスが 溜まっても
彼らの囚われた身体のストレスは逃げようがありません。
それゆえに   感動し また 自身の 魂の鼓舞にもなります。
障害者の家庭は その人を中心に家族も背負っていきますが
一見すると 大変そうですが  周りにいる兄弟 姉妹  両親がまた
ステキな顔なんですね!
先日 アメリカ在住の日本の夫婦のお子さんが 眼球のないお子さんで
お母さんも 1人目が 大きな障害で ご主人と2人3脚で頑張られてました。
ご兄弟あと3人生まれましたが どのお子さんもこの 1番目のお嬢ちゃんに
寄り添い その姿が  素晴らしい家族のエネルギーの活力になっているので
逆にこのお嬢ちゃんがいなければ  幸せいっぱいですが 深みのある
透明で キラキラ光る波動は生まれなかった気がします。
パラリンピックは 健常者のオリンピックにない
深みのある キラキラした 7色の虹が 見え隠れします。


共通テーマ:blog

豪雨とコロナの7月ですが 竹取のロマンなお話 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

203c71269aa743460bdd1d2ce60ed56e_t.jpg
7月は 大変な豪雨で 日本中が 水浸しでした。
そのせいか庭の小さな野菜畑のトマトやキュウリはどんどん大きくなり 今や2階の屋根に上がっていきそうです。
さて 最近見つけた記事ですが  実は今年1月26日の
記事です。淡路島で竹刈りに精を出していたsawagani
さんが刈られた竹の中で  シャーベット状になった甘い香りのする酒だるのような芳香水が何箇所かの竹の節から見つかりました。当時は 2.2度だったので 少し凍っていたそうです。竹を何百本も刈る方が 竹に水が溜まること自体ありえないらしいです。
しかもこの竹林の芳香は素晴らしく2、3メートル先からも芳しい香りがするので驚くばかりとのことでした。sawagani
さんは 都会から自然の多い淡路島に引っ越され 自然保護のために剪定を兼ねてボランティアで作業されていたそうです。まさに竹取物語の翁です。九大の嶋田教授は節に溜まった竹水の糖分がアルコール化したものだろうと推測されました。それにしても  ロマンある不思議なお話です。
bc96b18ed7225dcf7151b4b82fc97967_640px.jpg

飲みたいですね!


共通テーマ:blog

奈良 長谷寺 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

IMG_5661.jpg
過ごしやすい気候です。梅雨の割には お天気も良く 気持ちいいです。
この6月第1土曜日6日に奈良の長谷寺に行ってきました。
2回目です。境内の広さも頃で 階段も低く 上がりやすく
紫陽花が 咲いていて 全て良かったです。
IMG_5630.jpg
特別拝観ができ  中にある10メートル木造の十一面観音像を
直におさわりでき(足の所)しかもお堂に入れて 観音様の周りを1回ぐるりと回りました。ここは  歴史は大変古く
686年天武天皇の頃道明上人が開創され 聖武天皇の頃 徳道上人がさらなる
貢献をされ 我が国最大級の十一面観音像  難仏陀龍王像
赤精童子 が建立されました。十一面観音像は 滋賀県高島の曰く付きの大霊木で作られました。前回は拝観が主でしたが 今回は とにかく見たかったのは地蔵菩薩像 であまりの迫力にびっくりしました。( 写真を見るだけでも)
XQrscuJzrSobsVNxHtiOfAAAAC0.jpg

粗末な衣服にかかわらず  魂の湧き出ずる表情は
驚きで  このような表情を作られた仏師の方は 人生の全ての苦しみや悲しみ 憎しみ 恨み 何もかもを承知で悟られておられる方しか制作できないだろうな?と思いましたが
展示がされてなかったので  ぜひ 別の機会に伺います。
他の執筆者の方もこの像は地蔵菩薩像であるが  神のみ姿かもしれないと書かれていました。
*是非おすすめは 
長谷寺験記 めちゃくちゃ面白いです。ご霊験あらたかなお話がいっぱい載ってます。(わらしべ長者も)  
特別拝観は  6月30日までです。


共通テーマ:blog

4月の気まぐれ通信 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

コスモロケット.jpeg
4月です。
エコロはるちゃんオンラインショップが 4月からリニューアルしました。
https://ecoroharuchan.shop-pro.jp/


今まで  お世話になりました大津市商工会議所運営の湖都市場がクローズ
しましたので新たに 新バージョンで登場しました。

ホームページは、http://www.yasoucha.com/ 変わりません。

買い物もしやすく カード購入も現行どおり、
お客様にも 使いやすいサイトになりました。
一度、登録をしていただくと、次回からログインしてスムーズに
ご購入いただけるようになりました。
登録をしなくても、今まで通り、お買い物していただけます。
何卒、よろしくお願いいたします(*^-^*)

今後は、近江食材の数々も お届けできたら幸いです。
また新商品の開発中です。
ずーっと前から企画しておりました商品です。
お米のポン マカロニのぽん 黒豆のポン トウモロコシのポンのポップコーン
が 入り  とても美味しいポン ポン ミックスが出来上がります。
作ったスタッフも手が出るぐらい
美味しいお菓子になりました。
ぜひ みなさま お楽しみに!
今は色合いをよく見せたり
袋のデザインの開発中です。
楽しいお仕事です。
新しいショッピングページ、新しい商品 お楽しみにね!


共通テーマ:blog

新年気まぐれ通信 [店主はるちゃんの気まぐれ通信]

良源大師..jpg

2021年新年おめでとうございます。
今年は何か 次元が変わると言われ
しかも  赤がいいみたいです。
大津百福豆は赤が基調なので  ラッキーかもしれません。
最近は歳のせいか  テレビが面白くないせいか神社や  古い
民話がとても面白くて  みんなももっと読まれるといいなぁと
思います。
私は滋賀県なので  どちらかというと玉手箱の中にいますが
玉手箱住民滋賀県人はみんなあんまり興味ありません。おそらく  日本一大きな湖の横で何らかの戦いがたくさんあったし 隣には京都があり南には 奈良があるが 文化と歴史の宝庫であるぐらいかな? 滋賀県  実はめちゃ面白いです!
で おすすめの本
まず  本箱にあった古い『近江の説話覚書』中神天弓
最近購入の『現代語訳 近江の説話』福井栄一

このお話 第1弾お話します。アマビエが人気ですが
比叡山の良源さまの元三大師は 疫病鎮めの有名なお札です。
世に疫病が流行っていた永観2年(984)雨の夜比叡山の良源のもとに疫病神が現れました。良源は「ここから体の中に入れ」と小指を差し出しました。疫病神が侵入しますと高熱を発し耐え難い激痛がはしりました。が法力を使い 体内の疫病神を退散させますと
痛みが和らぎました。良源は一刻も早く人々を救おうと思い
弟子たちを呼んで大きな鏡の前で座禅を組みました。
すると  鏡に映る良源の頭からは角が生え あばら骨が浮き
痩こけた鬼の姿に変わっていきます。驚く弟子たちに絵心のある
明普阿闍梨がその姿を素早く描き出しました。
「この鬼の姿を版木に刻んですり 家々に配りなさい」
こうして生まれた疫病よけ「角大師」のお札を貼れば
一切の疫病の厄災が寄り付かなくなりました。
この文献は 延暦寺説話からです。


共通テーマ:blog
前の10件 | -